平均総資産

平均総資産は、当年度末および前年度に会社の貸借対照表に記録された資産の平均額として定義されます。この数値は、特定の売上高をサポートするために必要な資産の量を決定するために、今年度の総売上高の数値と比較して最も一般的に使用されます。売上高と比較して資産レベルが低いということは、経営陣が事業運営において資産を非常に効率的に利用していることを意味するため、これは有用な比較です。

平均総資産の計算式は次のとおりです。

(当年度末の総資産+前年度末の総資産)÷2

総売上高との比較は、現金の数値が平均総資産の計算に含まれているため、大量の現金を蓄積している非常に成功している企業にとってはあまり役に立ちません。この場合、計算を変更して、適度な金額を超える現金を除外することができます。

もう1つのバリエーションは、各月末の資産の総量を平均することです。そうすることにより、計算は、年末の資産の数値のみが使用された場合に発生する可能性のある資産の合計量の異常な落ち込みまたは急上昇を回避します。