生産サイクル

生産サイクルは、原材料から完成品への変換に関連するすべての活動で構成されています。このサイクルは、製品の設計、生産スケジュールへの組み込み、製造活動、および原価計算のフィードバックループを含む、いくつかの異なるコンポーネントで構成されています。これらの4つの領域は通常、エンジニアリング、材料管理、生産、経理の4つの部門によってそれぞれ管理されています。完全な生産サイクルには、次のアクティビティが含まれます。

  1. エンジニアリング部門は、反復プロセスを使用して製品設計を開発します。このプロセスでは、提案された製品コンポーネントのコストに関する経理部門からの入力が必要ですが、マーケティング部門は必要な製品機能についてアドバイスします。インダストリアルエンジニアリンググループは、新製品を設計して製造をより簡単かつ安価にする方法についての情報を提供します。エンジニアリングスタッフは、目標原価計算と呼ばれるプロセスで、目標販売価格と利益率を設計作業に組み込んで、妥当な利益を確実に得ることができる新製品を設計します。

  2. 製品の設計が完成すると、エンジニアリングスタッフは部品表を作成し、製品のすべてのコンポーネントを明細化します。また、通常は複数の生産実行を通じて、インダストリアルエンジニアリンググループと協力して、製品を完成させるために各生産ワークステーションで必要となる推定労働量を示す労働ルーティングを開発します。

  3. 営業部門からの販売予測は、生産計画の作成への入力として使用されます。この計画には、生産されるユニットの数と、製品の各バッチが開始されるタイミングが示されます。このスケジュールに基づいて、システムは購買部門に購買依頼を発行し、必要な原材料を取得します。

  4. 資材管理スタッフは、生産計画の要件に従って製造部門にジョブオーダーをリリースし、製造現場の各製品の作業経路情報に基づいて直接作業スタッフをスケジュールします。完成品はすぐに顧客に出荷されるか、完成品として倉庫に保管されます。

  5. 原価計算スタッフは、生産グループによって完了された各バッチのコスト要約を編集し、エンジニアリングマネージャーと生産マネージャーの両方に提供します。この情報は、製造現場で使用される作業指示の設計変更または変更につながる可能性のある、期待からの差異を見つけるために必要です。