原価計算の基本

原価計算は、ビジネスで発生したコストを、運用と利益を改善できる実用的な分析に変換する技術です。原価計算を使用するいくつかの基本的な方法は次のとおりです。

  • 製品コスト。製品に関連する変動費のみを決定し、この情報を製品ごとに集計します。これは通常、エンジニアリング部門によって管理されている部品表を使用して行われます。この情報を使用して、製品に設定されている価格が低すぎるかどうかを判断できます。製品の変動費の合計を下回る価格を設定すると、販売されたユニットごとにお金が失われます。

  • 製品ラインのコスト。製品ライン内のすべての製品の変動費を、その製品ラインに特に関連するすべての間接費と組み合わせます。これらの追加コストには、生産設備、工場間接費、マーケティング、および流通コストに関連するコストが含まれる場合があります。この情報は、製品ラインの販売を拡大することが有益であるか、または(逆に)製品ライン全体をシャットダウンすることが有益であるかを判断するために使用されます。

  • 従業員のコスト。従業員の報酬、福利厚生、および旅費と接待費のすべての側面を決定し、この情報を従業員ごとに集計します。この情報を従業員の出力と比較して、組織にとって最も費用効果の高い従業員を確認できます。また、従業員の一時解雇から達成される節約を決定するために使用することもできます。

  • 販売チャネルのコスト。特定の販売チャネルを通じて販売される製品の変動費は、そのチャネルに固有の間接費と組み合わせて、その収益性を決定することができます。

  • 顧客の費用。特定の顧客に販売される製品の変動費は、それらの顧客に直接追跡可能な他の費用と組み合わされて、それぞれの収益性を決定します。その結果、企業がビジネスを行うことを選択する顧客の数を選択的に減らすことができます。

  • 契約費用。特定の顧客契約に割り当て可能なすべてのコストは、まとめられ、文書化され、正当化されます。この情報は、顧客への請求をまとめるために使用されます。

  • コスト削減分析。ビジネスが衰退しているため、経営陣は組織の基本的な機能を維持しながら、慎重にコストを削減する方法を模索しています。関連する原価計算は、どの原価が任意であるかを決定することであり、したがって、ビジネスに永続的な損害を与えることなく、排除または延期することができます。

  • 制約分析。通常、企業のどこかにボトルネックがあり、ビジネスが生み出すことができる利益の量を制限します。その場合、関連する原価計算は、この制約の使用率、それを実行するために発生したコスト、およびそれによって生成されるスループット(売上からすべての変動費を差し引いたもの)を常に監視することです。

  • 分散分析。実際の結果を標準または予算額と比較して、効率やユニットあたりの収益などの領域に関連する差異を導き出します。次に、これらの差異のそれぞれにドリルダウンして、解決のために管理者に推奨できる実用的な項目を探します。

上記の各タスクは、ビジネスがどのように利益を生み出すかをよりよく理解するために使用できます。これらの原価計算の基本は、管理チームの意思決定をサポートする際の原価計算士の基本的なタスクを形成します。