CPAは何をしますか?

公認会計士は公認会計士であり、クライアントのために多くの助言的役割を担っています。これらの役割には、次のものが含まれます。

  • 監査とレビュー。CPAの主なタスクは、クライアントの帳簿を監査することです。作成されたクライアントの財務諸表がCPAの評価基準を満たしている場合、CPAは、第三者に発行されるときに、財務諸表に付随する財務諸表に関する監査人の意見を発行します。監査のより少ない形式はレビューです。これは、コストが低いため、クライアントが好む場合があります。

  • コンサルティングサービス。クライアントは、CPAに、管理システムの適切性についてのアドバイス、可能な戦略的オプションの説明、情報システムのインストールの支援など、多くのコンサルティング活動に従事するように依頼することができます。

  • 税務サービス。公認会計士の主なサービス分野は、クライアントの税務戦略についてアドバイスすることと、クライアントの納税申告書を作成することです。

  • 法廷会計。一部の公認会計士は、法廷会計サービスを専門としており、破壊された財務記録を再構築したり、不正行為が発生したかどうかを調査したりします。

  • フィナンシャルプランニング。公認会計士は、クライアントへの短期的な税の影響を最小限に抑えて、ビジネスをバイヤーに譲渡する方法など、ファイナンシャルプランニングのアドバイスをクライアントにアドバイスする場合があります。この領域は不動産計画にまで拡大できるため、クライアントは最小の税額で資産を受取人に遺贈することができます。

  • 訴訟サービス。公認会計士は、勝訴した訴訟を法廷で提示するために弁護士が必要とする詳細な分析の多くを提供することができます。これらのスキルは、離婚の和解、企業間の紛争、破産手続きなどに必要です。経験豊富な公認会計士は、専門家証人として証言を提供する場合があります。

これまでの活動のうち、CPAが特に認定されているのは監査だけです。他のすべてのアイテムは、公認会計士ではない他の当事者によって提供される可能性があります。ただし、公認会計士の指定は、継続的に一定量の継続的な専門教育を受ける必要があり、定期的に倫理試験に合格する必要があるため、高度なトレーニングと専門知識を意味します。これらの要件は、同じサービスを提供する意思のある非CPAの競合他社が存在する場合でもクライアントを引き付ける可能性があります。

クライアントと密接に関連しているように見えることを避けるために、監査作業以外のサービスをクライアントに提供するCPAの機能には制限があります。監査サービスのみを提供するか、監査サービス以外のすべてを提供するかを選択できます。