継続的な予算編成

継続的な予算編成とは、毎月が経過するにつれて、複数期間の予算の最後にさらに1か月を継続的に追加するプロセスです。このアプローチには、誰かが常に予算モデルに参加し、予算の最後の増分期間の予算の仮定を修正するという利点があります。このアプローチの欠点は、追加されたばかりの増分月の前の予算期間が変更されないため、従来の静的予算よりも達成可能な予算が得られない可能性があることです。

継続的な予算編成の概念は通常、12か月の予算に適用されるため、常に1年間の予算が設定されます。ただし、この予算の期間は、会社の会計年度と一致しない場合があります。

企業が3か月などのより短い期間で継続的な予算編成を使用することを選択した場合、高品質の予算を作成する能力が大幅に向上します。売上予測はわずか数か月の期間ではるかに正確になる傾向があるため、会社の活動の非常に可能性の高い見積もりに基づいて予算を修正できます。このような短期間の継続的な予算は、予測がより多くの総収入と費用の数値を生成する傾向があることを除いて、基本的に短期予測と同じです。

継続的な予算編成では、一部の予算編成活動を毎月繰り返す必要があるため、企業が1年間の静的予算を作成する場合よりもかなり多くの管理上の注意が必要になります。さらに、企業が参加型予算を使用して継続的に予算を作成する場合、1年間に使用される従業員の合計時間はかなりの量になります。したがって、プロセスに関与する人員を減らして、継続的な予算編成に対してよりスリムなアプローチを採用することが最善です。

継続的な予算編成の原則が資本予算に適用される場合、これは、従来の予算編成システムで普及しているより一般的な年1回の資本予算編成プロセスではなく、いつでも大規模な固定資産プロジェクトに資金が付与される可能性があることを意味します。