粗利益

粗利益は、会社の純売上高から売上原価を差し引いたものです。粗利益は、販売および管理費を差し引く前に、企業が製品およびサービスの販売から得た金額を示します。この数字は業界によって劇的に異なる可能性があります。たとえば、Webサイトを通じて電子ダウンロードを販売する会社は、コストが割り当てられる可能性のある物理的な商品を販売しないため、粗利益が非常に高くなる可能性があります。逆に、自動車などの物理的な製品の販売は、粗利益率を大幅に低下させます。

企業が獲得した粗利益の額は、販売および管理活動と資金調達コストの支払い、および利益の生成に残された資金のレベルを決定します。これは、これらの追加の経費分類で行うことができる支出の量を左右するため、予算の導出における重要な懸念事項です。

粗利益の計算式

前述のように、粗利益の計算式は、純売上高から売上原価を差し引いたものです。総売上高からの控除が多いと計算結果が歪む可能性があるため、総売上高よりも純売上高を使用することをお勧めします。粗利益は、粗利益率と呼ばれるパーセンテージとして表されることがよくあります。計算は次のとおりです。

(売上高-売上原価)/売上高

たとえば、ある会社の売上高は1,000,000ドル、売上原価は750,000ドルであるため、粗利益率は250,000ドル、粗利益率は25%になります。粗利益率は、会社の損益計算書に記載されている場合があります。

粗利益分析

粗利益率は、傾向線で追跡するときに、さらに調査が必要になる可能性のある重要な変更があるかどうかを確認するのに役立ちます。粗利益率の低下は、市場における企業の製品および/またはサービスの競争力の低下を意味する可能性があるため、かなりの懸念を引き起こす可能性があります。

粗利益には、工場間接費の割り当てが含まれ、その一部は固定費または混合費の場合があります。間接費が含まれているため、粗利益は貢献利益と同じではありません(これにより、発生した変動費の分だけ売上が減少します)。

粗利益分析には、在庫回転率の考慮が伴う必要があります。低い総利益率と組み合わされた高い在庫回転率は、年間総投資収益率の観点から、高い粗利益を伴う低い回転率と同等です。

粗利益は、企業の生産システム全体がスループット(売上から完全に変動費を差し引いたもの)を生み出す能力に焦点を当てていないため、役に立たないという強い主張をすることができます。この観点から、企業のボトルネック業務の利用レベルと同様に、スループットは粗利益よりも重要です。

粗利益と純利益の違い

粗利益と純利益の本質的な違いは、純利益には売上原価に関係のない他のすべての費用も含まれるということです。したがって、管理費、販売費、および資金調達費は、純利益の計算に考慮されます。純利益率は、企業の全体的な収益性を評価するのに役立ちます。

同類項

粗利益は、粗利益率、粗利益、または売上総利益としても知られています。