売上原価の計算方法

売上原価は、レポート期間に販売された商品に関連する総費用です。売上原価は、報告された企業の収益から差し引かれ、粗利益になります。売上原価を計算する1つの方法は、売上原価に関連付けられていると指定されている各総勘定元帳勘定にリストされている期間固有の費用を集計することです。このリストには通常、次のアカウントが含まれています。

  • 直接材料

  • 商品

  • 直接労働

  • 工場のオーバーヘッド

  • 貨物の出入り

この費用は通常売上高によって異なるため、リストには手数料費用も含まれる場合があります。売上原価には、管理費または販売費は含まれていません。

さらに、売上原価の計算では、最終在庫残高を考慮に入れる必要があります。最終在庫の帳簿残高と一致しない実地棚卸数がある場合、その差額を売上原価に請求する必要があります。

売上原価を計算する別の方法は、次の式を使用する定期在庫システムを使用することです。

開始在庫+購入-終了在庫=売上原価

したがって、会社の開始在庫が$ 1,000,000、期間中に購入が$ 1,800,000、終了在庫が$ 500,000の場合、その期間の売上原価は$ 2,300,000になります。

定期在庫システムを使用するには、製造品に関連する購入を「購入」アカウントに累積する必要があります。

売上原価の計算は、今述べた一般的な方法ほど単純ではありません。次のすべての要素も考慮に入れる必要があります。

  • 廃止として指定された在庫品目の費用を請求します。

  • 別のFIFOまたはLIFOコストレイヤーが使用されている場合の材料のコストの変更。あるいは、平均原価計算方法を使用して、材料の原価を導出することもできます。

  • オーバーヘッドに請求するのではなく、異常と見なされるスクラップを費用として請求します。

  • 材料費、労務費、諸経費の標準コストと実際コストの差額を費用として請求します。

また、関連するサプライヤーの請求書が支払われるまで現金法では費用が認識されないため、現金法と発生主義会計では売上原価に差が生じる可能性があります。

ここに記載されている問題を考えると、売上原価の計算がより難しい会計タスクの1つであることは明らかです。

売上原価は通常、損益計算書で個別に報告されるため、粗利益も報告できます。アナリストは、トレンドラインの粗利益率を追跡して、企業の価格ポイントと生産コストが過去の結果と比較してどれだけ維持されているかを確認することを好みます。

同類項

売上原価は、頭字語COGSでも知られています。