コスト差異

コスト差異は、実際に発生したコストと、発生するはずだった予算または計画されたコストの量との差です。コスト差異は、最も一般的には経費明細について追跡されますが、それを計算できる予算または基準がある限り、ジョブまたはプロジェクトレベルで追跡することもできます。これらの差異は、多くの管理レポートシステムの標準的な部分を形成します。一部のコスト差異は、標準計算に形式化されます。以下は、特定のタイプのコストに関連する差異の例です。

  • 直接材料価格の変動

  • 間接費の差異を修正

  • 労働率の差異

  • 購入価格の差異

  • 変動する間接費の差異

実際に発生したコストが予算額よりも大きい場合、不利な差異があります。実際に発生したコストが予算額よりも低い場合、有利な差異があります。差異が正または負になるかどうかは、元の予算が組み立てられた注意に部分的に起因します。予算コストの合理的な根拠がない場合、結果として生じる差異は、管理の観点からは無関係である可能性があります。

コストの差異は通常、原価計算担当者によって追跡、調査、および報告されます。この担当者は、差異が発生した理由を特定し、その結果を経営陣に報告します。また、将来的に差異のサイズを縮小するために運用を変更することを推奨します(好ましくない場合)。

考えられるすべてのコスト差異の分析で管理を埋めることが常に役立つとは限りません。代わりに、原価計算担当者は、どの差異が注意に値するほど大きいか、または状況を改善するために実行する必要があるアクションがあるかどうかを判断する必要があります。したがって、コスト差異レポートには、毎月数項目のみを含める必要があります。推奨されるアクションを含めることが望ましいです。

すべての不利な差異が悪いわけではありません。ある領域でより多くのお金を使うと、別の場所で有利な差異が生じる可能性があります。たとえば、固定資産のより頻繁な交換に関連するはるかに大きな総費用を回避するために、予防保守に2倍の費用をかける必要がある場合があります。したがって、より詳細なレベルではなく、部門、施設、または製品ライン全体のレベルからのコスト差異を確認する方がよい場合があります。このより高いレベルの分析により、マネージャーは総利益を改善するように設計された方法で資金を割り当てる余地があります。