偶発損失

偶発損失とは、訴訟の不利な結果など、将来起こりそうな出来事と見なされるものに対する費用の請求です。偶発損失は、組織の財務諸表の読者に、起こりそうな義務に関連する差し迫った支払いの早期警告を与えます。

そのような損失の金額を確実に見積もることができず、可能性が高いとみなされない場合でも、企業は財務諸表に付随する脚注の項目について議論することを選択する可能性があります。