監査報告書

監査報告書は、企業の財務諸表に関する監査人の意見書です。レポートは、一般に認められている監査基準(GAAS)で義務付けられているように、標準形式で作成されています。GAASは、監査人が従事する監査業務の状況に応じて、レポートの特定のバリエーションを要求または許可します。次のレポートバリエーションを使用できます。

  • 財務諸表が企業の財政状態を公正に表しており、重要な虚偽表示がない場合の明確な意見。これは無条件の意見としても知られています。

  • 監査人の作業に課せられた範囲の制限があった場合の適格な意見。

  • 財務諸表が大幅に誤解された場合の反対意見。

  • いくつかの状況によって引き起こされる可能性のある意見の免責事項。たとえば、監査人が独立していない場合や、監査対象者に継続企業の問題がある場合があります。

一般的な監査レポートには、次のトピックをカバーする3つの段落が含まれています。

  1. 監査人の責任と事業体の管理。

  2. 監査の範囲。

  3. 企業の財務諸表に対する監査人の意見。

監査報告書は、企業の財務諸表の利用者に発行されます。ユーザーは、知識のある第三者が財務諸表を調査し、意見を述べた証拠として、レポートを信頼することができます。多くの貸し手は、企業に資金を貸し出す前に、明確な意見を含む監査報告書を必要としています。また、公開企業は、証券取引委員会に提出する前に、関連する監査報告書を財務諸表に添付する必要があります。