株主の資金の計算方法

株主の資金とは、株主に属する会社の資本の額を指します。株主の資金の額は、事業が清算された場合に株主が受け取る理論上の金額の概算をもたらします。株主の資金額は、資産総額から会社の貸借対照表上の負債総額を差し引くことで計算できます。また、貸借対照表に子会社の財政状態が含まれている場合は、記録された少数株主持分も計算から除外する必要があります。したがって、株主の資金の完全な計算は次のとおりです。

総資産-総負債-少数株主持分=株主の資金

株主の資金は通常、以下の勘定科目で構成されていると見なされます。

  • 普通株
  • 優先株
  • 留保所得
  • 自己株式(合計からの減算)

株主の資金額は、以下の活動に基づき、会計期間中に変動します。

=最初の株主資本

+収入

+売却された株式から受け取った支払い

-支払われた配当

- 損失

-購入した自己株式に支払われた現金

=株主資本の終了

たとえば、ABC Internationalは、総資産$ 1,000,000、総負債$ 750,000、および少数株主持分$ 50,000を報告しています。この情報に基づくと、株主の資金額は20万ドルです。

ただし、結果の金額は、資本の簿価のみを反映します。総資産の時価から総負債の時価を差し引いた場合、株主の資金の実際の金額は大幅に異なる可能性があります。また、事業の資産の価値の清算は、特に清算が急いでいる場合、市場価値と大幅に異なる可能性があります。

同類項

株主の資金は、株主資本または株主資本としても知られています。