株主資本の計算方法

株主資本は、理論的にはその所有者に属する事業の資金の残余額です。株主資本の金額は、次のようなさまざまな方法で計算できます。

  • 最も簡単なアプローチは、会社の貸借対照表の下半分で株主資本の小計を探すことです。このドキュメントはすでに必要な情報を集約しています。

  • 貸借対照表が利用できない場合は、すべての資産の合計額を要約し、すべての負債の合計額を差し引きます。この単純な式の最終的な結果は、株主資本です。

  • 上記のオプションが利用できない場合は、会社の総勘定元帳の個々のアカウントから金額を編集する必要があります。その場合、株主資本の計算式は次のとおりです。

+普通株

+優先株

+追加の払込資本

+/-利益剰余金

-自己株式

=株主資本

非営利団体には株主がいないため、そのような公式はありません。代わりに、非営利団体の貸借対照表における同等の分類は「純資産」と呼ばれます。

株主資本の額は、事業が清算された場合に株主に分配される資金の額を正確に反映していないため、実際には理論的な概念に近いものです。以下の評価問題も考慮する必要があります。

  • 無形資産。企業の財務諸表で認識されていない、ブランドなどの貴重な無形資産が多数存在する可能性があります。

  • 市場価値。特定の資産の記録された金額は、固定資産などの市場価値の変化を反映するように調整されていません。

  • 今後のイベント。事業の売却価格には、業界活動の衰退やその逆など、将来の出来事に関する買い手と売り手の期待が組み込まれます。これらの変更は貸借対照表には表示されません。

要するに、株主資本を計算する方法はいくつかありますが(すべて同じ結果が得られます)、結果は株主にとって特に価値がない場合があります。