運転資本分析

運転資本分析は、流動負債と比較した流動資産の流動性と十分性を判断するために使用されます。この情報は、組織がその運営のために追加の長期資金を必要とするかどうか、または余剰現金をより長期の投資手段にシフトすることを計画する必要があるかどうかを判断するために必要です。

運転資本分析の最初の部分は、流動負債が支払われるべきタイムラインを調べることです。これは、買掛金を30日間のタイムバケットに分割する古い買掛金レポートを調べることで最も簡単に識別できます。このレポートの形式を変更してタイムバケットを小さくすることにより、はるかに短い時間間隔で必要な現金を判別できます。次に、未払負債などの他の義務のタイミングをこの分析の上に重ねて、義務を支払う必要がある正確な時期の詳細なビューを提供できます。

次に、古い売掛金レポートを使用して、また短期のタイムバケットを使用して、売掛金について同じ分析を行います。この分析の結果は、支払いが遅れた顧客の場合は修正する必要があります。これにより、レポートで、予想される入金キャッシュフローのより正確な評価が明らかになります。

さらなるステップは、投資を調べて、売却して現金に変換する速度に制限があるかどうかを確認することです。最後に、在庫資産を詳細に確認して、この資産が完成品に変換され、販売され、顧客から現金を受け取るまでにかかる時間を見積もります。棚卸資産を現金に換金するのに必要な期間が非常に長く、流動負債の支払いが可能であるという観点からは、この資産は無関係である可能性があります。

次の主要な活動は、3〜5日ごとの間隔など、非常に短い期間を使用して、これらの分析をまとめて修正された短期キャッシュ予測にまとめることです。いずれかのタイムバケットで利用可能な現金の量が不足している場合は、サプライヤーへの支払いの遅延を計画するか、不足分を補うために新しい負債または資本から十分な現金を取得する必要があります。

このタイプの運転資本分析は、継続的かつ定期的に実施する必要があります。