未払費用

未払費用は、発生した費用ですが、支出の文書はまだありません。支出文書の代わりに、未払費用と相殺負債(通常は貸借対照表で流動負債として分類されます)を記録する仕訳が作成されます。仕訳がない場合、費用は発生した期間の企業の財務諸表にまったく表示されないため、その期間に報告された利益が高すぎる結果になります。要するに、未払費用は財務諸表の正確性を高めるために記録されるため、費用は関連する収益とより密接に一致します。

前払い費用は、基礎となるサービスまたは資産が消費される前に負債が支払われるため、未払費用の逆です。その結果、プリペイド資産は最初は資産として貸借対照表に表示されます。

実際の未払費用

一般的に発生する費用の例は次のとおりです。

  • 貸し手の請求書がまだ受け取られていないローンの利息

  • サプライヤーの請求書がまだ受け取られていない、受け取って消費または販売した商品

  • サプライヤーの請求書がまだ受け取られていない、受け取ったサービス

  • 政府機関からの請求書がまだ受領されていない、発生した税金

  • 従業員への支払いがまだ行われていない、発生した賃金

未払費用の例としては、会社が月末近くにサプライヤから事務用品を受け取ったが、その月の帳簿を閉じるまでにサプライヤからの請求書をまだ受け取っていない状況があります。この費用を受領月に適切に記録するために、経理スタッフは、サプライヤから請求されると予想される金額の借方を使用して、消耗品費用勘定に費用を記録し、未払費用負債勘定に貸方を記録します。したがって、事務用品の金額が500ドルの場合、仕訳は事務用品の費用勘定に500ドルの借方になり、未払費用負債勘定に500ドルの貸方になります。

仕訳入力は通常、自動的に逆仕訳として作成されるため、会計ソフトウェアは翌月の初めに相殺仕訳を自動的に作成します。次に、サプライヤが最終的にエンティティに請求書を送信すると、取り消されたエントリがキャンセルされます。

前の例を続けると、500ドルのエントリは翌月に取り消され、事務用品の費用勘定科目に貸方記入され、未払費用負債勘定科目に借方記入されます。次に、会社は500ドルのサプライヤー請求書を受け取り、通常は会計ソフトウェアの買掛金モジュールを介して記録します。その結果、事務用品の費用勘定に借方記入され、買掛金勘定に貸方記入されます。したがって、翌月の最終的な結果は、新たな費用の認識がまったくなく、支払いの責任が買掛金勘定にシフトします。

現実的には、発生した費用の金額は見積もりにすぎないため、後日届くサプライヤーの請求書の金額とは多少異なる可能性があります。その結果、仕訳入力の取り消しとサプライヤの請求書の金額が相互に相殺されると、通常、翌月に少量の追加費用または負の費用認識が発生します。

実用的な観点からは、関連する仕訳を作成して文書化するのに多くの作業が必要になるため、重要でない費用は発生しません。さらに、未払費用仕訳が多数あると、月末の決算処理が遅くなります。

未払費用仕訳の例

  • 事務用品を受け取り、月末現在、サプライヤーの請求書はありません。事務用品の費用への借方、未払費用への貸方。

  • 従業員の労働時間は働いたが、月末現在は支払われていない:賃金費用への借方、未払費用への貸方。

  • 福利厚生負債が発生し、月末現在、サプライヤーの請求書はありません。従業員福利厚生費への借方、未払費用への貸方。

  • 法人税は、稼得した所得に基づいて発生します。所得税費用への借方、未払費用への貸方。

最初の3つのエントリは、翌月に取り消されるはずです。法人税は通常、支払われるまで未払費用として留保されます。