不測の事態に備える

偶発利益は、将来解決される不確実な状況であり、利益をもたらす可能性があります。会計基準では、基礎となる事象の解決前に偶発利益を認識することは認められていません。そうすることで、収益の認識が過度に早くなる可能性があります(これは保守主義の原則に違反します)。代わりに、利益が認識される前に、根本的な不確実性が解決されるのを待たなければなりません。

偶発事象が利益をもたらす可能性がある場合は、財務諸表に添付されている注記で偶発事象の性質を開示することが認められています。ただし、開示は、偶発利益の実現の可能性について誤解を招く可能性のある記述を行うべきではありません。そうすることで、財務諸表の読者は、近い将来に利益が実現すると結論付ける可能性があります。

偶発利益の例は、訴訟または政府機関との税務紛争における有利な和解の見通しです。