収益認識の原則

収益認識の原則は、関連する現金が回収されたときではなく、収益が得られたときにのみ収益を記録するべきであると述べています。たとえば、除雪サービスは、会社の駐車場の耕作を標準料金100ドルで完了します。顧客からの支払いを数週間期待していなくても、耕起が完了するとすぐに収益を認識することができます。この概念は、発生主義の会計に組み込まれています。

この例のバリエーションは、同じ除雪サービスが4か月間に顧客の駐車場を耕すために1,000ドル前払いされる場合です。この場合、サービスは、支払いを獲得しているペースを反映するために、契約の対象となる4か月ごとに前払いの増分を認識する必要があります。

顧客からの支払いを受け取るかどうかについて疑問がある場合、売り手は、顧客が支払いを取り消すと予想される金額の貸倒引当金を認識する必要があります。かなりの疑いがある場合は任意の支払いが受信されますが、支払いが受信されるまで、その会社がどんな収益を認識すべきではありません。

また、発生主義の会計では、企業が顧客から前払いを受け取った場合、企業はこの支払いを収益ではなく負債として記録します。顧客との取り決めに基づくすべての作業を完了した後にのみ、支払いを収益として認識することができます。

会計の現金ベースでは、現金支払いが受領されたときに収益を記録する必要があります。たとえば、上記と同じシナリオを使用すると、除雪サービスがすべての作業を完了してから数週間かかる場合でも、除雪サービスは顧客から支払いを受け取るまで収益を認識しません。

同類項

収益認識の原則は、収益認識の概念としても知られています。