事業セグメント

国際財務報告基準では、事業セグメントは利益センターである事業体の構成要素であり、個別の財務情報が利用可能であり、その結果は業績評価と資源配分の目的で事業体の最高経営意思決定者によって定期的に見直されます。事業セグメントには通常、セグメントの結果について最高執行意思決定者に説明責任を負うセグメントマネージャーがいます。

企業の本社は事業セグメントとは見なされず、企業の退職後給付制度も考慮されません。