株主資本

株主資本は、すべての負債が決済された後に事業に残っている資産の金額です。これは、株主から事業に与えられた資本に、寄付された資本と事業の運営によって生み出された収益から、発行された配当金を差し引いたものとして計算されます。貸借対照表では、株主資本は次のように計算されます。

総資産-総負債=株主資本

株主資本の代替計算は次のとおりです。

株式資本+利益剰余金-自己株式=株主資本

どちらの計算でも、同じ金額の株主資本が得られます。この金額は、貸借対照表および株主資本計算書に表示されます。

株主資本の概念は、事業内に留保されている資金の額を判断するために重要です。負の株主資本残高は、特に多額の負債と組み合わされた場合、破産が差し迫っていることを示す強力な指標です。

多くのアカウントは株主資本で構成されており、通常は次のものが含まれます。

  • 普通株。これは普通株式の額面価格であり、通常は1株あたり1ドル以下です。一部の州では、額面価格がまったく必要ない場合があります。

  • 追加の払込資本。これは、株主が額面を超えて株式に支払った追加金額です。この口座の残高は通常、普通株式口座の金額を大幅に上回っています。

  • 利益剰余金。これは、事業によって生み出された損益の累積額から、株主への分配を差し引いたものです。

  • 自己株式。このアカウントには、投資家から株式を買い戻すために支払われた金額が含まれています。勘定残高はマイナスであるため、他の株主の資本勘定残高を相殺します。

株主資本は、すべての負債が既存の資産で支払われる場合の企業の残存価値を理論的に表すため、事業の簿価と呼ぶことができます。ただし、資産と負債の市場価値と帳簿価額は常に一致するとは限らないため、簿価の概念は実際にはうまく機能しません。