加重平均法| 加重平均原価計算

加重平均法の概要

加重平均法は、製品に平均生産コストを割り当てるために使用されます。加重平均原価計算は、次のような状況で一般的に使用されます。

  • 在庫品目が非常に混ざり合っているため、個々のユニットに特定のコストを割り当てることはできません。

  • 会計システムは、FIFOまたはLIFOの在庫レイヤーを追跡するのに十分なほど洗練されていません。

  • 在庫品目は非常にコモディティ化されている(つまり、互いに同一である)ため、個々のユニットにコストを割り当てる方法はありません。

加重平均法を使用する場合は、販売可能な商品のコストを販売可能なユニットの数で割ると、ユニットあたりの加重平均コストが得られます。この計算では、販売可能な商品のコストは、開始在庫と純購入の合計です。次に、この加重平均値を使用して、最終在庫と売上原価の両方に原価を割り当てます。

加重平均原価計算を使用した最終的な結果は、記録された手持ち在庫の量が、在庫に購入された最も古いユニットと最も新しいユニットの間の値を表すことです。同様に、売上原価は、期間中に販売された最も古いユニットと最も新しいユニットのコストの間のどこかに反映されます。

加重平均法は、一般に認められている会計原則と国際財務報告基準の両方で認められています。

加重平均原価計算の例

ミラグロコーポレーションは、5月に加重平均法を使用することを選択しました。その月の間に、次のトランザクションを記録します。