繰延資産

繰延資産は、事前に行われ、まだ消費されていない支出です。これは、次の2つの状況のいずれかから発生します。

  • 短い消費期間。事前に費用を負担し、購入した商品は数ヶ月以内に消費される予定です。この繰延資産は前払費用として記録されるため、最初は流動資産として貸借対照表に表示されます。

  • 長い消費期間。支出は事前に行われ、購入されたアイテムは、多数のレポート期間が経過するまで完全に消費されることは期待されていません。この場合、繰延資産は長期資産として貸借対照表に計上される可能性が高くなります。

日常的に繰延資産として扱われる支出の例は次のとおりです。

  • プリペイド保険

  • 前払家賃

  • プリペイド広告

  • 債券発行費用

支出を繰延資産として扱う理由は、関連する給付が消費される前に費用が請求されるため、初期の報告期間では費用認識が過度に高くなり、後の期間では費用認識が過度に低くなるためです。

繰延資産の概念は、企業が会計の現金主義を使用する場合には適用されません。これは、支出がその方法で支払われるとすぐに費用として記録されるためです。したがって、これらの項目は、会計の現金ベースで一度に費用として請求されます。

貸借対照表にある繰延資産項目は忘れがちです。つまり、監査人が会計を調べているときに、これらの項目は年末に大幅に償却される傾向があります。この潜在的に大きな償却を回避するには、スプレッドシート上のすべての繰延資産項目を追跡し、スプレッドシートの金額を各レポート期間の終わりに総勘定元帳にリストされている勘定残高に調整し、勘定残高を調整します(通常は必要に応じて、定期的な費用負担)。

繰延資産の追跡に関連する労力を回避するために、最低額を下回る支出が自動的に費用として請求される会計方針を採用することを検討してください。