コスト原則

コスト原則では、最初に資産、負債、または株式投資を元の取得コストで記録する必要があります。この原則は、取引を記録するために広く使用されています。これは、元の購入価格を客観的で検証可能な価値の証拠として使用するのが最も簡単なためです。概念のバリエーションは、資産の市場価値が元のコストよりも低い場合、資産の記録されたコストを元のコストよりも低くできるようにすることです。ただし、このバリエーションでは、逆に資産を再評価することはできません。したがって、この低コストまたは市場の概念は、コスト原則の非常に保守的な見方です。

コスト原則の明らかな問題は、資産、負債、または株式投資の取得原価が、単に取得日の価値であるということです。その時から大きく変わったかもしれません。実際、企業が資産を売却する場合、売却価格は貸借対照表に記録されている金額とほとんど関係がない可能性があります。したがって、コストの原則は、もはや関連性がない可能性のある結果をもたらします。したがって、すべての会計原則の中で、それは最も深刻な問題となっています。これは、多くの項目がコスト原則に基づいて記録される会社の貸借対照表のユーザーにとって特に問題です。その結果、本レポートの情報は、事業の実際の財政状態を正確に反映していない可能性があります。

原価原則は、会計士が各報告期間の終了時にこれらの投資の記録された金額を公正価値に調整する必要がある金融投資には適用されません。

短期の資産および負債に原価原則を使用することは、企業が清算または決済の前にそれらの価値が著しく変化するのに十分な期間それらを所有することができないため、最も正当化されます。

コスト原則は、長期資産および長期負債にはあまり適用されません。減価償却費、償却費、および減損費用は、これらの項目を時間の経過とともに公正価値とほぼ一致させるために使用されますが、原価原則では、これらの項目を上方に再評価する余地はほとんどありません。資本集約型産業の場合のように、貸借対照表が長期資産に大きく重点を置いている場合、貸借対照表に記録された資産の実際の価値が正確に反映されないリスクが高くなります。

コストの原則は、資産の価値が時間の経過とともに明らかに上昇したとしても、資産を再評価してはならないことを意味します。これは、公正価値の調整を可能にする一般に認められた会計原則の下では完全には当てはまりません。原価原則は、公正価値への再評価を許可するだけでなく、資産の価値がその後上昇した場合に減損費用を取り消すことができる国際財務報告基準ではさらに適用されません。

同類項

原価主義は、取得原価主義としても知られています。