会計支払い条件

会計支払い条件は、サプライヤーが顧客に課す支払いルールです。支払い条件は、支払いが合理的な期間内にサプライヤーによって受け取られることを保証するために課されます。現金回収を加速するために割引条件が許可される場合があります。大規模な顧客は、購買力を利用して、サプライヤへの支払い期間の延長や返品のルールの緩和など、顧客にとってより有利な条件にサプライヤに同意させることができます。会計支払い条件には、次の3つの要素が考えられます。

  • 割引条件。これは2つの部分からなるステートメントであり、最初の項目は許可される割引率であり、2番目の項目は割引を受けるために支払いを行うことができる日数です。したがって、「1/10」という用語は、10日以内に支払いが行われた場合に1%の割引を受けることができることを意味します。

  • ネット条件。「ネット」とは、全額の支払いが必要であることを意味します。したがって、「ネット20」の条件は、全額の支払いが20日以内に行われることを意味します。この用語は、「net」ではなく「n」と省略される場合があります。

  • 月末の条件。略語「EOM」は、支払人が月末から一定の日数以内に支払いを行わなければならないことを意味します。したがって、「ネット10 EOM」という用語は、月末から10日以内に全額を支払う必要があることを意味します。

次の表には、いくつかの標準的な会計支払い条件、それらの意味、および提供されている実効年利(ある場合)が含まれています。