制御サイクル

制御サイクルは、計画、結果の監視、結果の評価、および修正を行う反復プロセスです。制御サイクルは通常、企業の予算とプロセスフローの継続的な改訂に適用されます。

制御サイクルを予算編成に適用する場合、初期予算を実際の結果と比較したときに収集された情報に基づいて、連続する各バージョンの予算が改善されることが期待されます。このアプローチは、競争のレベルが緩和され、新製品がほとんどリリースされない環境でうまく機能します。ビジネスモデルは定期的に根本的に改訂される可能性があるため、ペースの速い環境では結果がより問題になります。そのため、反復フィードバックループのメリットを享受する時間はほとんどありません。

制御サイクルは、ビジネスモデルよりも変更が少ない傾向があるため、プロセスフローに最適です。つまり、ビジネスモデルの変更に関係なく、サプライヤへの支払い、請求書の発行、商品の出荷などが必要になります。プロセスの安定性レベルが高いことを考えると、リスクをより綿密に監視しながら、プロセスをより効率的にするために、制御サイクルのステップを継続的に実行できます。