一括購入

一括購入は、複数の資産を単一の価格で取得する場合に発生します。各資産は、会計記録に固定資産として個別に記録する必要があります。そのために、購入価格は、公正な市場価値に基づいて、取得したさまざまな資産に割り当てられます。この状況は、不動産が購入され、購入価格に土地と構造物の両方が含まれている場合に最も一般的に発生します。

たとえば、購入者は1,000,000ドルで不動産を取得します。この物件には、時価25万ドルの土地と時価80万ドルの建物が含まれています。これらの資産への一括購入価格の配分は、次のように計算されます。

  • 土地:(($ 250,000 /($ 250,000 + $ 800,000))x $ 1,000,000 = $ 238,095
  • 建物:(($ 800,000 / $ 250,000 + $ 800,000)x $ 1,000,000 = $ 761,905