直接費の例

直接原価は、特定の原価対象に関連する原価です。原価対象は、製品、人、販売地域、顧客など、原価がまとめられるアイテムです。直接費の例としては、消耗品、直接材料、販売手数料、および貨物があります。ほとんどの原価は間接費に関連しているため、直接原価はほとんどありません。つまり、原価対象に正確に一致させることはできません。原価が直接原価であるかどうかを判断する最良の方法は、原価の変更を関連する原価対象の変更と比較することです。原価対象に変更がある場合は、一致する原価の変更があるはずです。たとえば、原価対象が製品である場合、次の原価はすべて、販売された製品の数の変化に関連して変化すると予想されます。

  • 直接材料

  • 消耗品

  • 貨物の出入り

  • 販売手数料

これらは、製品に関連する直接コストの単なる例ではありません。これらはすべて直接コストです。他のすべての製造コストは、単位量によって変化しないため、直接労働を含めてオーバーヘッドと見なされます。

直接費の例は、製品を超えていくにつれて増えていきます。たとえば、顧客の直接コストは、上記の項目だけでなく、カスタマーサービスやフィールドサポートスタッフも含まれる可能性があります。これは、顧客が排除された結果としてこれらのポジションが排除された場合にのみ当てはまります。

販売地域の原価対象はどうですか?この場合、直接費は製品に記載されているものだけでなく、その地域内の流通および販売ネットワークにも相当する可能性があります。この場合、直接コストは総コストのかなりの割合を占める可能性があります。

そして最後に、人に関連する直接費用の例は何ですか?これは少なくとも彼らの報酬と利益です。彼らがいなくてもその費用はまだ発生しなければならないので、それは彼らのオフィススペースを含まない可能性があります。また、携帯電話が他の人に渡される場合、彼らの携帯電話の費用は直接の費用ではないかもしれません。

要するに、発生するすべての費用の大部分は、一般的に直接費用とは見なされません。直接費の例は、検討している原価対象によって異なります。