変動費

変動費は、変動費のみを在庫に割り当てる方法です。このアプローチは、すべての間接費が発生した期間の費用に請求され、直接材料と変動間接費が在庫に割り当てられることを意味します。会計フレームワーク(GAAPやIFRSなど)では間接費も在庫に割り当てる必要があるため、財務報告では変動費を使用する必要はありません。したがって、この方法論は内部報告の目的でのみ使用されます。ただし、この役割では非常に一般的に使用され、変動費は次の目的で使用されます。

  • 損益分岐点分析を実施して、企業がゼロ利益を得る販売レベルを決定します。

  • 製品を販売できる最低価格を設定します。

  • 内部財務諸表を貢献利益形式に作成します(外部の関係者に発行する前に調整する必要があります)。

変動費を使用する場合、間接費の割り当てが販売に請求されないため、収益を生み出すトランザクションから報告される粗利益は、吸収原価計算システムよりも高くなります。これは、報告された粗利益が高いことを意味しますが、純利益が高いことを意味するわけではありません。代わりに、損益計算書で間接費がより低い費用に請求されます。ただし、これは生産レベルが販売と一致する場合にのみ当てはまります。生産が売上を上回った場合、割り当てられた間接費の一部は期間中に費用として請求されるのではなく、在庫資産に存在するため、吸収原価計算はより高いレベルの収益性をもたらします。逆の状況は、売上が生産を上回った場合に発生します。