未収利息の定義

未収利息は、最後の利息支払日以降に負債に累積された利息の金額です。この概念は通常、会計期間の終了時に企業が受け取るまたは支払う未払いの利息の金額をまとめて、トランザクションが正しい期間に記録されるようにするために使用されます。このアプローチは、発生主義の会計の下でのみ使用されます。

たとえば、10%の利率で10,000ドルのローンを受け取り、その月の15日までの期間に対応する支払いを受け取りました。月の16日から30日までに獲得した追加の受取利息を記録するには、次のように計算します。

(10%x(15/365))x $ 10,000 = $ 41.10未収利息

支払いの受取人の未収利息の金額は、受取利息(資産)勘定への借方と利息収益勘定への貸方です。借方は(短期資産として)貸借対照表に組み込まれ、貸方は損益計算書に組み込まれます。

支払期日が到来する事業体の未収利息の金額は、支払利息勘定への借方および未払負債勘定への貸方です。借方は損益計算書に組み込まれ、貸方は貸借対照表に組み込まれます(短期負債として)。

どちらの場合も、これらは逆仕訳としてフラグが立てられるため、翌月の初めに逆仕訳されます。したがって、これらの取引の正味の効果は、収益または費用の認識が時間的に前にシフトすることです。

未収額が財務諸表にとって重要でない場合、未収利息を記録することは有用または必要ではありません。このような状況でそれを記録すると、財務諸表の作成が本来よりも複雑になるだけであり、エラーのリスクが生じます。