オペレーティング・リース

オペレーティングリースは、貸手からの資産の賃貸ですが、資産の所有権を借手に譲渡する条件の下ではありません。賃貸期間中、借手は通常、資産を無制限に使用できますが、リース終了時の資産が貸手に返還されたときの状態について責任を負います。オペレーティングリースは、企業が定期的に資産を交換する必要があり、定期的に古い資産を新しい資産に交換する必要がある場合に特に役立ちます。たとえば、借主は3年に1回オフィスのコピー機を交換することを決定した可能性があるため、この機器を継続的に更新するために一連のオペレーティングリースを締結します。自動車も一般的にオペレーティングリース契約に基づいてリースされています。

借手がリースをオペレーティングリースとして指定した場合、借手はリース期間にわたって次のことを認識する必要があります。

  • 各期間のリース費用。リースの総費用は、リース期間にわたって定額法で配分されます。これは、原資産から導き出される利益の使用パターンにより厳​​密に従う別の体系的かつ合理的な配分の根拠がある場合に変更できます。

  • リース負債に含まれていない変動リース料

  • 使用権資産の減損

オペレーティング・リース期間の任意の時点で、リースの残りのコストは、リース料の合計に、リースに関連するすべての初期直接コストから、前の期間にすでに認識されているリース・コストを差し引いたものと見なされます。

借手は、開始日以降、開始日に設定されたのと同じ割引率を使用して、まだ行われていないリース料の現在価値でリース負債を測定します。開始日後、借手は、以下の項目について調整されたリース負債の金額で使用権資産を測定します。

  • 資産の減損

  • 前払いまたは未払リース料

  • 受け取ったリースインセンティブの残りの残高

  • 未償却の初期直接費用

貸手は、オペレーティング・リースに基づく資産を固定資産として帳簿に記録し、耐用年数にわたって資産を減価償却します。