外貨オプション

外貨オプションは、特定の日付またはそれ以前に、特定の価格(行使価格と呼ばれる)で通貨を売買する権利を所有者に与えますが、義務ではありません。この権利と引き換えに、買い手は売り手に前払いの保険料を支払います。売り手が稼ぐ収入は受け取った保険料の支払いに制限されますが、買い手は関連する為替レートの将来の方向性に応じて、理論的に無制限の利益の可能性があります。外貨オプションは、為替レートの変動による損失の可能性をヘッジするために使用されます。外貨オプションは、特定の将来の日付範囲内の通貨の購入または販売に利用でき、オプション契約には次のバリエーションがあります。

  • アメリカンオプション。オプションはオプション期間内の任意の日に行使できるため、行使日から2営業日後に配達されます。
  • ヨーロッパのオプション。このオプションは有効期限にのみ行使できます。つまり、配達は有効期限の2営業日後になります。
  • ブルムダンオプション。このオプションは、特定の所定の日にのみ行使することができます。

外貨オプションの保有者は、行使価格が現在の市場レートよりも有利である場合に行使します。これはインザマネーと呼ばれます。行使価格が現在の市場レートよりも不利である場合、これはアウトオブザマネーと呼ばれ、その場合、オプション保有者はオプションを行使しません。オプション保有者が注意を怠っている場合、インザマネーオプションはその満期日より前に行使されない可能性があります。オプション行使の通知は、オプション契約に記載されている通知日までにカウンターパーティに通知する必要があります。

外貨オプションには、2つの重要な利点があります。

  • ロスプリベンション。為替レートの有利な変動から利益を得る可能性を残したまま、損失のリスクをヘッジするためのオプションを行使することができます。
  • 日付の変動。財務スタッフは、所定の日付範囲内でオプションを行使できます。これは、原資産のエクスポージャーの正確なタイミングが不確実な場合に役立ちます。

通貨オプションの価格には多くの要因が関係しており、見積オプション価格が妥当かどうかを確認するのが困難になる可能性があります。これらの要因は次のとおりです。

  • 指定行使価格と現在のスポット価格の差。オプションの購入者は、特定の状況に適した行使価格を選択できます。オプションを行使する可能性が低いため、現在のスポット価格から大きく離れた行使価格はコストが低くなります。ただし、そのような行使価格を設定することは、買い手がオプションの背後にあるカバーを求める前に、為替レートの大幅な変更に関連する損失を喜んで吸収することを意味します。
  • オプション期間中の2つの通貨の現在の金利。
  • オプションの期間。
  • 市場のボラティリティ。これは、オプション期間中に通貨が変動すると予想される予想金額であり、ボラティリティが高いほど、オプションが行使される可能性が高くなります。ボラティリティを予測する定量化可能な方法がないため、ボラティリティは推測に基づくものです。
  • オプションを発行するカウンターパーティの意欲。

銀行は通常、3か月以内のオプション行使期間を認めています。通貨オプション内の複数の部分通貨配送を手配できます。

標準数量の上場オプションが利用可能です。このタイプのオプションは、取引所を運営するクリアリングハウスが取引所で取引されるすべてのオプションのパフォーマンスを保証するため、カウンターパーティの失敗のリスクを排除します。

外貨オプションは、通貨価格の変動が大きい時期に特に価値があります。残念ながら、買い手の観点からは、カウンターパーティがオプション買い手に支払いをしなければならない可能性が高いため、ボラティリティが高いとオプション価格が高くなります。