上場企業会計改革および投資家保護法

Sarbanes-Oxley Actは、公開企業による財務報告の質を向上させることを目的としています。これは、エンロンコーポレーション、ワールドコム、およびその他のいくつかの企業の不正な報告に応えて作成され、2002年に可決されました。この法律の主な規定は次のとおりです。

  • CEOとCFOは、財務諸表の正確性を証明する必要があります(セクション302)。

  • 監査の実施方法に不適切な影響を与えることは違法です(セクション303)。

  • 重要なオフバランスシートの項目は開示する必要があります(セクション401)。

  • 経営者は内部統制を確立し、その範囲と正確性について報告する必要がありますが、会社の監査人はそれらの統制の信頼性を証明する必要があります(セクション404)。

  • 記録を改ざん、盗難、または破壊した場合、相当の罰金が科せられます(セクション802)。

  • 内部告発者を報復から保護します(セクション806)。

  • 執行役員が財務諸表の正確性を証明しない場合に刑事罰を設定します(セクション906)。

同法の規定により、企業が上場することは大幅に高額になりました。その結果、公開会社の数が減少しました。特に、公開に関連する規制コストを支払う余裕がなくなった中小企業の間では顕著でした。特に、セクション404の要件は、コストの増加に最も大きな影響を与えると考えられていました。

Sarbanes-Oxley法の正式名称は、2002年の企業責任法です。