エントリを逆にする

逆仕訳は、会計期間に作成された仕訳であり、直前の期間に作成された選択されたエントリを逆仕訳します。逆仕訳は通常、会計期間の開始時に発生します。これは通常、前の期間に収益または費用のいずれかが発生し、会計士が発生したものを別の期間会計システムに残したくない状況で使用されます。

次の期間に手動でエントリを取り消すことを忘れがちなため、元の仕訳入力を作成時に会計ソフトウェアで元に戻すエントリとして指定するのが通例です。これは、「エントリの取り消し」フラグをクリックすることによって実行されます。その後、ソフトウェアは次の期間に逆仕訳を自動的に登録します。

逆仕訳の例

概念を説明するために、次のエントリは、サプライヤの請求書がまだ届いていない18,000ドルの経費項目の1月の経費発生を示しています。