グロスまたはネットでの収益

総収益を記録するということは、販売取引からの収益を損益計算書に記録することを意味します。純額で収益を記録するということは、通常、販売取引のコミッションのみを収益の全額として記録することを意味します。厳密にコミッションがない場合でも、顧客に請求された金額をサプライヤーに支払われた金額と差し引くことにより、純額で収益を報告できます。

収益が総額で報告される場合もあれば、純額で報告される場合もある灰色の領域に分類される多くの状況があります。これはビジネスにとって大きな問題であり、特に、の販売量に基づいてより多く支払う買収者に販売されようとしている場合は、より大きなエンティティの外観を与えるために総収益を記録する必要があります。ビジネス。

新興問題タスクフォース(EITF)は、問題番号99-19「プリンシパルとしての収益グロスとエージェントとしてのネットのレポート」で、収益を正しく処理するためのいくつかのガイドラインを設定しました。これらはガイドラインであるため、グロスまたはネットでの記録は判断の問題であることに注意してください。グロスでの収益の報告の方向を示すガイドラインは次のとおりです。

  1. あなたは販売取引の主要な債務者です。つまり、あなたは製品やサービスを提供する責任がありますか、それともサプライヤーですか?あなたが仕事をしている、または製品を出荷しているなら、あなたはおそらく総計で記録することができます。

  2. 一般的な在庫リスクがあります。顧客に販売する前に在庫の所有権を取得し、顧客からの返品の所有権を取得すると、おそらく総収益を記録できます。

  3. サプライヤーを選択できます。これは、実際にトランザクションを実行しているバックグラウンドで動作している主要なサプライヤが存在しないことを意味するため、重要です。

  4. 信用リスクがあります。これは、顧客が支払わない場合、あなたは損失を吸収し、サプライヤーではないことを意味します。ただし、顧客が支払わないとコミッションを失うリスクがあるだけの場合は、収益を純額で記録することを検討している可能性があります。

  5. 価格を設定することができれば、おそらくトランザクション全体を制御でき、収益を総額で記録できます。

EITFはまた、収益を純額で報告する方向を示すいくつかのガイドラインを作成しました。彼らです:

  1. あなたが稼ぐ金額は固定されています。これは手数料体系を示しており、顧客の取引ごとに固定支払いとして設定される場合があります。顧客が支払う金額の一定の割合を稼いでいる場合、これは収益を純額で報告していることの指標でもあります。どちらの場合でも、あなたは本当に他の誰かの代理人です。

  2. ネットで報告するための他の2つのガイドラインは、以前のガイドラインの裏側にすぎません。サプライヤーに信用リスクがある場合、またはサプライヤーが顧客に製品やサービスを提供する責任がある場合は、おそらく純額で収益を報告することを検討しています。

ほとんどの企業では、どのガイドラインを適用するかを簡単に選択でき、ほとんどの場合、収益を総額で記録します。ただし、考慮すべき考慮事項は次のとおりです。

  • インターネットストアを運営し、顧客からお金を集めてから、サプライヤに商品を顧客に発送するように指示します。この場合、あなたには信用リスクがあるので、おそらく総収入を記録できるという兆候があります。そして実際、ほとんどのインターネットストアはそうしています。しかし、ウェブサイトの運営者がサプライヤーに代わって注文を受け入れるだけであり、運営者が出荷に関する問題について責任を負わないという声明がウェブサイトにある場合はどうなりますか?たぶん、あなたは今、純収入の報告を見ています。

  • 顧客と一緒にカスタム製品の仕様を作成し、それを作成できるサプライヤーを見つけます。この場合、信用リスクがあり、サプライヤを選択できるため、収益を総額で記録できます。

  • あなたは旅行ディスカウントストアであり、割引価格について航空会社と交渉します。次に、割引料金を一般に宣伝します。あなたは顧客に請求し、あなたは顧客にチケットを届ける責任があります。ただし、お客様がチケットを受け取ると、その後のすべてのサービスは航空会社が責任を負います。在庫リスクはなく、主な債務者は航空会社であり、ネットレポートを示します。一方、あなたは価格を設定することができ、あなたは総報告に向けられる傾向がある信用リスクを負担します。 EITFは、この例の主要な債務者の問題は他の要因を無効にし、ネットでの報告の方向を示していると述べています。

Finally, consider again that the EITF has only issued guidelines, from which you have to make a judgment regarding whether to report at gross or net. It is possible that you could have two companies in the same industry with identical business models, and one records revenue at gross and the other at net – and they may both be able to justify their positions to their auditors. Consequently, this is one of those odd topics that can go in either direction.