繰延税金の会計処理

報告期間中に繰延税金負債および資産に純変動があった場合、企業は繰延税金を会計処理する必要があります。繰延税金の金額は、連結納税申告書を提供する事業の納税要素ごとにまとめられています。繰延税金を計上するには、次の手順を完了する必要があります。

  1. 既存の一時的な違いと繰り越しを特定します。

  2. 適用される税率を使用して、課税対象となる一時差異の繰延税金負債額を決定します。

  3. 該当する税率を使用して、控除可能な一時差異の繰延税金資産額、および繰越欠損金を決定します。

  4. 税額控除を伴う繰越の繰延税金資産額を決定します。

  5. 会社がこれらの資産の一部を実現しない可能性が50%を超える場合は、繰延税金資産の評価性引当金を作成します。この引当金の変更は、損益計算書の継続事業からの収益に記録されます。評価性引当金の必要性は、企業がさまざまな繰越を未使用で失効させた歴史がある場合、または今後数年間で損失を被ると予想される場合に特に可能性があります。