有意義な影響

重要な影響力は、企業の運営および財務方針の決定に参加する力です。これらのポリシーを管理することはできません。この概念は、国際財務報告基準で使用されています。投資家が投資先の議決権の20%以上を保有している場合、その投資家は重要な影響力を持っていると推定されます。影響力の仮定は、反対の明確なデモンストレーションを通じて逆転させることができます。

投資先の過半数の所有権があっても、投資家が大きな影響力を持たない可能性があります。所有権の変更がない場合でも、投資先に対する重大な影響力を失う可能性があります。たとえば、投資先が裁判所、規制当局、または政府の管理下に置かれる場合や、契約上の合意の結果として重大な影響力が失われる場合があります。

通常、次のいずれかが重大な影響の証拠であると見なされます。

  • 取締役会代表
  • 管理者の交換または共有
  • 投資先との重要な取引
  • 政策立案への参加
  • 技術情報交換