総合的品質管理のメリット

総合的品質管理(TQM)は、事業の運営を徐々に改善するという一般的な哲学です。これは、関係するすべての従業員とビジネスパートナーによる厳密なプロセス分析の適用を通じて行われます。TQMは通常、戦術、最前線のレベルで適用され、生産、事務、および低レベルのマネージャーが深く関与します。TQMの取り組みを支援するために利用できるツールは、次のようなものがいくつかあります。

  • ベンチマーク

  • 故障解析

  • 計画-実行-チェック-行動(PDCA)サイクル

  • プロセス管理

  • 製品設計管理

  • 統計的プロセス制御

総合的品質管理(TQM)の利点は次のとおりです。

  • コスト削減。TQMを長期にわたって一貫して適用すると、組織全体のコストを削減できます。特に、スクラップ、手直し、フィールドサービス、保証コストの削減の分野で効果があります。これらのコスト削減は、追加コストを発生させることなく、収益に直結するため、収益性が驚くほど向上する可能性があります。

  • 生産性の向上。従業員がエラーの追跡と修正に費やす時間が大幅に短縮されるため、生産性が大幅に向上します。生産性の向上は、従業員1人あたりの生産量の増加を意味し、通常、利益の増加につながります。

  • 顧客満足度。同社はより優れた製品とサービスを提供しており、顧客とのやり取りは比較的エラーが少ないため、顧客からの苦情は少なくなるはずです。苦情が少ないということは、顧客サービスに費やされるリソースを減らすことができることも意味します。既存の顧客が会社に代わってより多くの顧客を呼び込むため、より高いレベルの顧客満足度も市場シェアの増加につながる可能性があります。

  • 欠陥の削減。TQMは、プロセスの品質を検査するのではなく、プロセス内の品質を改善することに重点を置いています。これにより、エラーの修正に必要な時間が短縮されるだけでなく、品質保証担当者のチームを雇う必要性も少なくなります。

  • 士気。TQMの継続的かつ実証済みの成功、特にその成功への従業員の参加は、従業員の士気の顕著な改善につながる可能性があり、その結果、従業員の離職率が低下し、したがって、新入社員の採用とトレーニングのコストが削減されます。

ただし、TQMには、それに関与する従業員のためのかなりのトレーニング期間も必要です。トレーニングは人々を通常の仕事から遠ざける可能性があるため、これは実際にはコストにマイナスの短期的影響を与える可能性があります。また、TQMは継続的な段階的な変更をもたらす傾向があるため、現在のシステムを好む従業員や、それが原因で職を失う可能性があると感じている従業員から不利な反応を引き起こす可能性があります。

TQMは、経営陣によって強力にサポートされ、従業員チームによって実装され、エラーの発生を防ぐプロセスの改善に継続的に焦点を当てている環境で最適に機能します。

どのツールがTQMの傘下にあるかについてはいくつかの議論があります。そのため、ここで言及されていない他の多くのツールが役立つ可能性があります。TQMは、次のようなビジネスのどの部分でも正常に実装できます。

  • 会計

  • フィールドサービス

  • ファイナンス

  • 法務および管理

  • メンテナンス

  • 製造

  • 資材管理

  • 研究開発

  • セールスとマーケティング