勘定科目表の番号付け

勘定科目表の番号付けには、使用する勘定科目の構造の設定、およびさまざまな総勘定元帳勘定科目への特定のコードの割り当てが含まれます。使用されるナンバリングシステムは、財務情報を保存および操作する方法にとって重要です。勘定体系に対して決定する最初のタイプの番号付けには、それらの構造が含まれます。これは口座番号のレイアウトであり、次のコンポーネントが含まれます。

部門コード-これは通常、複数部門の会社内の特定の会社部門を識別する2桁のコードです。単一エンティティの会社では使用されません。99を超える子会社がある場合、コードは3桁に拡張できます。

部門コード-これは通常、経理、エンジニアリング、生産部門など、企業内の特定の部門を識別する2桁のコードです。

アカウントコード-これは通常、固定資産、収益、消耗品の費用など、アカウント自体を説明する3桁のコードです。

たとえば、各会社に複数の部門がある複数の部門の会社は、おそらく次のように番号付けされた勘定科目表を使用します:xx-xx-xxx

別の例として、複数の部門を持つ単一部門の会社は、最初の2桁を省略し、代わりに次の番号付けスキームを使用できます。xx-xxx

最後の例として、部門がまったくない中小企業は、アカウントに割り当てられた3桁のコードを使用できます。これはxxxです。

コーディング構造が設定されると、アカウントの番号付けを行うことができます。これは、前述の3桁のコーディングです。企業は、必要な任意の番号付けシステムを使用できます。義務付けられたアプローチはありません。ただし、一般的なコーディングスキームは次のとおりです。

資産-アカウントコード100-199

負債-200-299

資本勘定-300-399

収益-400-499

経費-500-599

前述の番号付けの概要の完全な例として、親会社は、子会社の1つに「03」指定子を割り当て、エンジニアリング部門に「07」指定子を割り当て、旅費および接待費に「550」を割り当てます。これにより、次の勘定科目表番号が作成されます。

03-07-550