資本市場の定義

資本市場は、個人と事業体の両方が負債証券と株式証券を売買する組織化された市場です。これは、売買取引を開始するための効率的な方法となるように設計されています。この市場は、投資家に債務と株式を容易に売却できるため、規制当局によって証券の取引が許可されている事業体にとって重要な資金源です。政府はまた、資本市場を利用して資金を調達します。これは通常、長期債の発行を通じて行われます。政府は株式を発行しないため、株式を発行することはできません。

資本市場は、長期証券の発行と取引を目的としています。株式公開企業がその証券を資本市場で販売する場合、これは主要市場活動と呼ばれます。その後の投資家間の会社証券の取引は、流通市場活動として知られています。短期証券は、マネーマーケットなどの他の場所で取引されます。

高度に組織化された資本市場の例は、ニューヨーク証券取引所、アメリカ証券取引所、ロンドン証券取引所、NASDAQです。証券は、組織化された取引所ではなく、「店頭」で取引することもできます。これらの証券は通常、ビジネスのファンダメンタルズ(収益、資本化、収益性など)が正式な取引所の最低基準を満たしていないエンティティによって発行されます。これにより、投資家は他の手段を使用して証券を取引する必要があります。

資本市場は高度に相互に関連しているため、地球の反対側の資本市場の混乱は、他の国にある市場での取引に影響を与える可能性があります。

証券取引委員会(SEC)は、資本市場で証券を発行したり、その証券を資本市場で取引したりすることを希望する事業体による情報の報告を規制する連邦レベルの機関の例です。