自己株式方式

自己株式法は、インザマネーオプションおよびワラントが行使された場合の発行済株式の純増加を計算するために使用されます。この情報は、希薄化後1株当たり利益の計算に含まれ、株式数が増加するため、1株当たり利益が減少します。自己株式法は、以下の一連の仮定および計算を採用しています。

  1. オプションとワラントは、報告期間の初めに行使されると想定します。報告期間の後半に実際に行使された場合は、実際の行使日を使用してください。

  2. 推定オプションまたはワラント行使により得られた収益は、報告期間中の平均市場価格で普通株式を購入するために使用されると想定されています。

  3. 次に、発行済みと想定される株式数と購入済みと想定される株式数の差が、希薄化後1株当たり利益の計算の分母に追加されます。

たとえば、ある会社には10,000株のインザマネーオプションがあり、1株あたり5ドルで行使できます。レポート期間の平均市場価格は12ドルでした。同社はオプションの行使により50,000ドルを受け取り、これにより10,000株の新株も作成されます。同社が50,000ドルの収益を使用して、公開市場で1株あたり12ドルで株式を取得した場合、4,166株を購入できます。これは、発行済み株式5,834株の純増に相当します。

すべての公的機関は、損益計算書に基づいて希薄化後1株当たり利益を報告する必要があるため、これは公開会社にとって必須の計算です。唯一の例外は、企業の資本構成が単純で、希薄化後1株当たり利益の数値が基本的1株当たり利益と同じである場合です。