クレジットマネージャーの職務内容

職務内容:クレジットマネージャー

報告先:財務担当者または最高財務責任者

基本機能:クレジットマネージャーのポジションは、クレジットポリシーの一貫した適用、既存の顧客の定期的なクレジットレビュー、潜在的な顧客の信用度の評価など、クレジット付与プロセス全体に責任を負い、以下の組み合わせを最適化することを目的としています。会社の売上高と貸倒損失。

主な説明責任:

管理

  1. すべての目標と目的を達成するのに十分な部門の組織構造を維持する
  2. クレジットとコレクションのスタッフを適切に動機付ける
  3. 適切な指標を使用して部門のパフォーマンスを測定する
  4. クレジットスタッフの継続的なトレーニングを提供する
  5. 回収業者との関係を管理する
  6. 信用調査機関との関係を管理する
  7. 信用保険会社との関係を管理する
  8. 営業部門との関係を管理する

クレジットオペレーション

  1. 企業の信用方針を維持する
  2. 上級管理職に信用方針の変更を推奨する
  3. クレジットスコアリングモデルを作成する
  4. 顧客のクレジットファイルを管理する
  5. クレジットの付与と更新のプロセスを監視する
  6. スタッフのクレジット推奨を受け入れるか拒否する
  7. 最大の顧客クレジットアプリケーションを個人的に調査する
  8. 最大の顧客を個人的に訪問して関係を確立する
  9. 定期的な信用調査を監視する
  10. 顧客が取っている控除を監視する
  11. 延滞料の適用を管理する
  12. コーポレートファイナンスプログラムを管理する

必要な資格: 5年以上のクレジット経験。ビジネスの学士号とクレジットスコアリングシステムの経験が望ましい。クレジット関連の法律についての完全な知識を持っている。定期的に顧客のサイトに移動することをいとわない。顧客との交渉にかなりの経験がある。

労働条件:ペースの速いオフィス環境で働きます。交渉を行うために、急な通知で顧客の場所に移動することが期待されています。時折残業が必要になる場合があります。

監督:クレジットアナリストスタッフ