収益認識方法

組織の損益計算書で収益を認識する方法はいくつかあります。選択する方法は、業界および特定の状況によって異なります。次のセクションでは、いくつかの認識方法、それらがどのように機能するか、およびそれらをいつ使用できるかについて説明します。

完成した契約方法

完了した契約方法は、プロジェクトが完了した後にのみ、プロジェクトに関連するすべての収益と利益を認識するために使用されます。この方法は、契約条件に基づく顧客からの資金の回収に不確実性がある場合に使用されます。

コスト回収方法

原価回収法では、販売の原価要素が顧客によって現金で支払われるまで、企業は販売取引に関連する利益を認識しません。現金支払いが売り手の費用を回収すると、残りのすべての現金領収書(ある場合)は、受け取ったときに収入に記録されます。このアプローチは、売掛金の回収に関してかなりの不確実性がある場合に使用されます。

割賦方式

売り手が顧客に複数年にわたる販売の支払いを許可する場合、特に顧客からの現金の回収可能性を判断できない場合、取引は分割払い方式を使用して売り手によって会計処理されることがよくあります。それを使用している誰かが、実際に現金を受け取るまで、販売取引の粗利益を延期します。これは、不動産、機械、家電製品などの高額商品の理想的な認識方法です。

完了方法の割合

完了率法には、その名前が示すように、長期プロジェクトに関連する収益と利益の継続的な認識が含まれます。そうすることで、売り手は、プロジェクトが引き続きアクティブであるすべてのレポート期間で、プロジェクトに関連する利益または損失を認識することができます。この方法は、プロジェクトの完了段階を継続的に見積もることが合理的に可能な場合、または少なくともプロジェクトを完了するための残りのコストを見積もることができる場合に最適に機能します。本質的に、完了率の方法では、プロジェクトの完了率と一致する総収入の割合を収入として認識することができます。

売上高ベースの方法

売上高ベースのアプローチでは、売上高は販売時に認識されます。この方法は、支払いが保証され、すべての成果物が作成されている場合に最適に機能します。販売ベースの方法は、ほとんどのタイプの小売販売に使用されます。