利益を計算するための式は何ですか?

利益計算式は、ビジネスによって生成される利益のパーセンテージを決定するために使用される計算です。この概念は、合理的な価格を設定し、費用効果の高い方法で商品を製造し、無駄のない方法で運営する企業の能力を判断するために使用されます。利益の計算式はパーセンテージで表され、最初にすべての費用が売上から差し引かれ、その結果が売上で除算されます。式は次のとおりです。

(売上-経費)÷売上=利益計算式

たとえば、企業は500,000ドルの売上を生み出し、492,000ドルの費用を負担します。その利益計算式の結果は次のとおりです。

($ 500,000売上-$ 492,000経費)÷$ 500,000売上

= 1.6%の利益

バリエーションは、計算からすべての営業費用を取り除き、粗利益のみが明らかになるようにすることです。

利益計算式の結果は業界によって異なります。業界が独占的であるか、強力な法的保護がある場合、その結果は、販売がコモディティ化され、したがって競争が激しくなる業界よりも優れています。

利益計算式には注意すべきいくつかの問題があります。これらは非常に重要であるため、ビジネスの評価の基礎としてそれだけに依存することは賢明ではありません。問題は次のとおりです。

  • 非現金性。計算式の基礎となる利益の数値には、減価償却や償却などの非現金費用が含まれているため、企業が生み出すキャッシュフローを過小評価する傾向があります。この問題は、発生主義の会計が使用されている場合にのみ問題になります。

  • 1回限りの収益と費用。任意の期間において、報告された利益の数値には、収益または費用の異常な急上昇または減少が含まれている可能性があるため、結果は異常と見なすことができます。この問題は、トレンドラインの利益計算式を確認することで軽減できます。

  • 操作することができます。会計基準により、会社の経営者は、特定の場合に費用認識の規模とタイミングを決定する際にある程度の裁量を認めています。これにより、報告される利益額が大幅に変動する可能性があります。

  • 資産の使用。事業運営に必要な資産額については考慮されていません。たとえば、経営陣は平均的な利益を生み出すために莫大な資本を必要とする可能性があります。