持分

持分は、事業における株主の所有権です。たとえば、会社の15%の株式持分を持つということは、株主が事業の15%を所有していることを意味します。株式持分は、必ずしも株主が投資先によって生み出された収入の比例したシェアを受け取る権利があることを意味するわけではありません。企業がプラスのキャッシュフローを生み出した場合にのみ、株主に配当を発行することができます。ただし、事業が最終的に売却または清算された場合、すべての債権者の請求が解決された後に残っている残りの利息の比例した株式が株主に支払われます。

51%以上の持分は、投資先に対する株主の議決権を与えます。それ以外の場合、株主は少数株主持分を持っていると見なされます。