未払費用

未払費用は、企業が負担した義務であり、サプライヤーからの請求書はまだ受け取っていません。未払費用は、逆仕訳で記録されます。これは、(名前が示すように)次のレポート期間で自動的に逆仕訳されます。この方法で費用を記録することにより、企業は現在の期間への費用認識を加速します。これらの債務は短期負債とみなされ、貸借対照表のその分類に表示されます。

たとえば、清掃会社が会社に清掃サービスを提供する場合がありますが、会社の管理者がその月の本を閉じる前に、会社に毎月の請求書を発行することはありません。したがって、管理者は、後日請求書を受け取ることを見越して費用を発生させます。別の例として、商品はその月に受け取られ、会社の受け取りログに記録されますが、月末までにサプライヤーの請求書は届きません。この場合、管理者は受け取った数量に基づいて請求書の金額を見積もり、未払費用を記録します。

未払費用が小さすぎて事業の業績に重大な影響を及ぼさない場合、未払費用は計上されない可能性があります。重要でない未払費用を回避することで、帳簿を閉じるために必要な作業量を大幅に減らすことができます。これは、それを下回ると費用が発生しない金銭的しきい値を設定する正式な会社方針を持つことによって達成されます。

これらの事業体は、サプライヤーに現金が支払われた場合にのみ費用を認識するため、未払費用は現金会計で運営されている事業では認識されません。会計の現金主義は、後の報告期間への費用の認識を遅らせる傾向があります。