水平貸借対照表

水平貸借対照表では、追加の列を使用して、ビジネスの資産、負債、および資本に関する詳細を示します。この貸借対照表フォーマットのレイアウトは次のとおりです。

  1. 最初の列は、期末残高があるすべての資産明細を項目化します。

  2. 2番目の列には、これらの資産に関連付けられている番号が含まれています。

  3. 3番目の列には、すべての負債ラインアイテムが一覧表示され、次に期末残高があるエクイティラインアイテムが一覧表示されます。

  4. 4番目の列は、これらの負債および資本項目に関連する数値を示しています。

2番目の列のすべての資産の合計は、4番目の列のすべての負債および資本項目の合計と一致する必要があります。

水平貸借対照表は、表示形式で追加の広告申込情報を使用できるため、表示する広告申込情報が多数ある場合に最適に機能します。表示するラインアイテムが少ない場合は、貸借対照表を垂直形式で表示するのが一般的です。この場合、資産、負債、および資本のラインアイテムはすべて1つの列にまとめられます。水平表示モードから垂直モードに切り替えるには、一部の広告申込情報を水平表示モードに統合する必要がある場合があります。

使用するフォントサイズが小さいため、追加の期間は非常に多くのスペースを占めるため、プレゼンテーションが読みにくくなるため、水平フォーマットを拡張して複数の期間のビジネスの財政状態を表示することは困難です。したがって、複数の期間の財政状態を提示する必要がある場合は、追加の列のためのより多くのスペースがある垂直貸借対照表形式を採用するのが通例です。

水平形式と垂直形式の両方が、受け入れ可能な表現形式です。