貢献利益分析

貢献利益分析では、収益から変動費を差し引いた後の残余利益を調査します。この分析は、さまざまな製品やサービスによってスピンオフされた現金の量を比較するために使用されます。これにより、経営陣は、どれを販売し、どれを終了するかを決定できます。生成された貢献利益の合計額は、各期間に支払われる固定費の合計額と比較することもできるため、経営陣は、ビジネスの現在の価格設定とコスト構造が利益を生み出す可能性があるかどうかを確認できます。

貢献利益は、収益からすべての変動費を差し引いたものです。次に、結果を収益で割って、貢献利益率を算出します。この計算には、間接費の配分は含まれていません。したがって、貢献利益の計算は次のとおりです。

(収益-変動費)/収益=貢献利益

この分析は、デューデリジェンスプロセスの一環として買収対象の提供を調査し、企業が購入する価値のある十分な現金をスピンオフするかどうかを確認するためにも使用できます。そうでない場合、事業体を調査する者は、対象事業体の価格ポイントまたはコストを、強化されたリターンを生み出すのに十分な程度まで変更できるかどうかを判断する必要があります。

このタイプの分析の主な問題は、製品やサービスが企業の制約に与える影響を考慮に入れていないことです。これは、ビジネスがより高い利益を達成することを妨げるボトルネックです。貢献利益の高い製品が過度の制約時間を使用する場合、その結果、ビジネスによって生み出される利益の合計額が減少する可能性があります。その理由は、他の製品を処理するための制約に残された時間が少なすぎるためです。この問題は、貢献利益分析を拡張して、制約時間の1分あたりの貢献利益の使用も含めることで解決できます。 1分あたりのマージンが最も高い製品やサービスは、販売を最優先する必要があります。

貢献利益分析を行う際の懸念は少ないですが、ボリュームディスカウントや特別プロモーションなどの使用に応じて、計算に含まれる価格ポイントが実際には大きく変動する可能性があります。その結果、計算の収益部分が高すぎる傾向があり、予想貢献利益の見積もりが過度に高くなります。

同類項

1分あたりの貢献利益は、1分あたりのスループットとも呼ばれます。