償却

償却は、資産のコストを予想される使用期間にわたって費用に段階的に請求するプロセスであり、資産を貸借対照表から損益計算書にシフトします。それは本質的に、耐用年数にわたる無形資産の消費を反映しています。償却は、特定の耐用年数を持つ無形資産の原価を段階的に評価減するために最も一般的に使用されます。無形資産の例としては、特許、著作権、タクシー免許、商標などがあります。この概念は、受取手形の割引や繰延手数料などの項目にも適用されます。

償却の概念は貸付でも使用されます。この場合、償却スケジュールでは、ローンの開始残高から、各期間の支払利息と元本を差し引いたもの、およびローンの終了残高が項目化されます。返済スケジュールは、ローンの支払いの大部分がローンの期間の早い段階で利息の返済に向けられ、この割合はローンの元本残高の返済が増えるにつれて減少することを示しています。このスケジュールは、ローン支払いの利息と主成分を適切に記録するのに非常に役立ちます。

償却の会計処理

無形資産の償却を記録する仕訳は次のとおりです。