債務会計

負債は、借り入れた資金に対して支払うべき金額として定義されます。借り手が負債を会計処理するときに注意しなければならないいくつかの問題があります。最初の問題は、会計記録で負債をどのように分類するかです。懸念される主な領域は次のとおりです。

  • 債務が1年以内に支払われる場合は、短期債務勘定に債務を記録します。これは負債勘定です。通常の与信枠は1年以内に支払われるため、短期債務に分類されます。
  • 債務が1年以上支払われる場合は、長期債務勘定に債務を記録します。これは負債勘定です。
  • 借金がクレジットカード明細書の形式である場合、これは通常、買掛金として処理されるため、会計ソフトウェアの買掛金モジュールを介して単純に記録されます。

次の債務会計の問題は、債務に関連する支払利息の金額をどのように決定するかです。貸し手は会社への定期的な請求書に支払利息の金額を含めるので、これは通常非常に簡単です。与信枠の場合、借り手はおそらく貸出銀行の当座預金口座を維持する必要があるため、銀行は月に1回当座預金口座から利息を差し引くだけです。この金額は通常、銀行取引明細書で利息として識別されるため、ブックキーパーは簡単に識別して、毎月の銀行照合調整の一部として記録できます。あるいは、貸し手は借り手に償却表を提供することができます。これは、貸し手に対して行われる後続の各支払いを構成する支払利息とローン返済の比率を示します。

次の問題は、さまざまな債務関連の取引をどのように会計処理するかです。それらは次のとおりです。

  • 初期ローン。ローンを最初に実行するときに、ローンの性質に応じて、現金口座から借方に記入し、短期債務口座または長期債務口座のいずれかに貸方記入します。
  • 利息の支払い。利息のみが支払われ、即時のローン返済がない場合、エントリは支払利息勘定への借方であり、現金勘定への貸方です。
  • 混合支払い。支払利息とローン返済の両方を含む支払いが行われている場合は、支払利息勘定から借方に記入し、該当するローン負債勘定から借方に記入し、現金勘定に貸方記入します。
  • 最終支払い。債務の大部分またはすべてが返済される最終的なバルーン支払いがある場合は、該当するローン負債勘定科目から借方に記入し、現金勘定科目に貸方記入します。