オーバーヘッド吸収

間接費吸収は、原価対象に割り当てられた間接費の金額です。間接費は、活動または製品に直接追跡できない費用です。原価対象は、製品、製品ライン、顧客、小売店、流通チャネルなど、原価がまとめられるアイテムです。間接費の吸収は、GAAPとIFRSの両方の会計フレームワークによる要件の必要な部分であり、企業の財務諸表に表示される記録された在庫量に間接費を含める必要があります。間接費の吸収は、内部管理報告には必要なく、外部財務報告にのみ必要です。間接費の例は次のとおりです。

  • 販売およびマーケティング費用

  • 管理費

  • 生産コスト

販売、マーケティング、および管理の費用は通常、発生した期間の費用として請求されます。ただし、間接製造原価は間接費として分類され、間接費吸収によって製品に請求されます。

オーバーヘッド吸収には、次の手順が含まれます。

  1. 間接費を分類します。必要な割り当てのタイプによっては、一部のコストがオーバーヘッドに含まれる場合と含まれない場合があります。たとえば、製品の間接費吸収にはマーケティングコストは含まれませんが、マーケティングコストは流通チャネルの内部コストレポートに含まれる場合があります。

  2. 総コスト。識別されたコストをコストプールにシフトします。各コストプールには、異なる割り当てベースが必要です。したがって、施設に関連する間接費は、使用される平方フィートに基づいて割り当てられるコストプールに集約される可能性があります。

  3. 割り当てベースを決定します。これは、間接費が原価対象に割り当てられる基礎です。たとえば、施設のコストは使用される平方フィートに基づいて割り当てられ、労働関連の間接コストは使用される直接労働に基づいて割り当てられる場合があります。

  4. オーバーヘッドを割り当てます。割り当てベースをコストプールに含まれるオーバーヘッドの合計量に分割して、オーバーヘッドレートを算出します。

間接費吸収は、間接費率と原価対象による配分基準の使用の組み合わせに基づいています。したがって、製品への間接費の割り当ては、使用される直接労働時間あたり5.00ドルの間接費に基づく場合があります。これは、使用時間数またはコストプールの間接費の金額を変更することで変更できます。

間接費は、過去のある時点で得られた情報に基づいた長期的なものである可能性があるため、間接費の吸収は、報告期間中に実際に発生した間接費の正確な金額を必ずしも反映していません。その場合、吸収されるオーバーヘッドの量は、実際に発生するオーバーヘッドの量とは異なる場合があります。