生産減価償却の単位

生産単位法では、費用に計上される減価償却額は、資産の使用量に正比例して変動します。したがって、企業は、資産の使用量が多い期間にはより多くの減価償却費を請求し、使用量が少ない期間にはより少ない減価償却費を請求する場合があります。この方法は資産の実際の損耗に関連しているため、減価償却を請求するための最も正確な方法です。ただし、誰かが資産の使用状況を追跡する必要もあります。つまり、その使用は通常、より高価な資産に限定されます。また、各会計期間で認識する減価償却額を導出するには、資産の存続期間中の総使用量を見積もることができる必要があります。

生産単位法で減価償却を計算するには、次の手順に従います。

  1. 資産の総使用時間数、または資産の耐用年数にわたって生産されるユニットの総数を見積もります。

  2. 資産の資産計上されたコストから推定残存価額を差し引き、推定使用量または生産の合計をこの正味減価償却費から除算します。これにより、使用時間または生産単位あたりの減価償却費が算出されます。

  3. 使用時間数または実際の生産単位に、1時間または単位あたりの減価償却費を掛けると、会計期間の減価償却費の合計になります。

推定使用時間数または生産単位が時間の経過とともに変化する場合は、これらの変化を1時間または生産単位あたりの減価償却費の計算に組み込みます。これにより、減価償却費が将来的に変更されます。見積りの変更は、すでに認識されている減価償却には影響しません。

期間ごとに資産使用量に有意差がない場合は、生産単位法を使用しないでください。そうしないと、資産の使用状況の追跡に多くの時間を費やし、定額法(計算がはるかに簡単)で見た結果とほとんど変わらない減価償却費が支払われます。

結果の情報が会社の財務諸表の読者によって使用されない場合、生産単位法を使用することは費用効果が高くありません。したがって、より正確な減価償却情報の作成に関連するコストは、特定のアクションにつながらない場合、価値がないことが証明される可能性があります。

生産単位減価償却の例

PensiveCorporationの砂利採取場事業であるPensiveDirtは、40万ドルの費用で砂利採取場から砂利を抽出するためのコンベヤーシステムを構築しています。Pensiveは、コンベヤーを使用して1,000,000トンの砂利を抽出することを期待しています。その結果、1トンあたり0.40ドルの減価償却率(1,000,000トン/ 400,000ドルのコスト)になります。活動の第1四半期に、Pensive Dirtは10,000トンの砂利を抽出します。その結果、次の減価償却費が発生します。

= 1トンあたり0.40ドルの減価償却費x10,000トンの砂利

= 4,000ドルの減価償却費

同類項

減価償却単位法は、活動単位法とも呼ばれます。