許容偏差率

許容偏差率は、特定のコントロールに依存するために監査人が受け入れる監査サンプリングで経験される最大の差異の割合です。逸脱率がこのしきい値よりも高い場合、監査人は統制に頼ることができません。